開けたら閉める

戦う愛のサイエンスレジェンドだよー!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

えいぷりるなんちゃらでした。

mumun.gif

一つ前の記事については『4月1日』ですよ!4月1日!('∀`)平野です
私の記事は横のリンクとかからさがしてみればいいと思います。
あと、毎年言いますが、1日といえば母の誕生日です。

■だめーださんといえば
私にとっては肉さん・キティさんに並んでお付き合いの長い方です('ヽ`)
さらにこの方、驚くほどご近所さん。集合ー!といえば1時間以内に集まれてしまいます。
まぁ私はスッピンで出歩くことができませんのでその時間を含めれば2・3時間(8割は何かを食べるために使われます)

先月デザフェス以来の再会をしまして、ご飯を食べつつ『エイプリルフールしましょう!』となった次第です('∀`)ほらほら!ここまでヒントだよー!!

■春が来た!
気がつけばすっかり春です。
実はこの4月から再び学生になるのですが、新しく通う校舎の前は桜が満開咲き乱れております('∀`)なんとも心地よい。すてきすてき。

先日はプレスクールなるものがありまして、片道1000円の痛手を負いながら3日間ほど学生してきました。
いやぁああああ、みんな10代!10代ですよ!10代て!!!10代てー!!!!!
近くにいらっしゃった方々と少しづつだけどもお話ができました。
仲良くなれるといいなぁーと思うこのごろ、とりあえずは早く通学定期がほしいです。


■1年生になったーら♪
1年生になったーら♪とウキウキ鼻歌してしまうところですが、この学校は一学年100人もいないのですよ。くそう!

自己紹介の際にサイトの有無を聞かれまして、なんやら面白いなぁと思いました。こりゃぁ多分美術系独特だろうなぁ('∀`)ほくほく。
そんなこんなで開け閉めさんを知るリアルつながり様がまた増えたわけです。
職場バレした時はさすがにへこみもしましたが、なんやら嬉しいなぁーです。

■忙しさに負けて
色々待ってもらってますが、うあー、もう、ごめんね。殴っていいよ。
風邪もすっかり治っております。元気元気。未だちょっと鼻が不調なくらいです。毎度鼻は長引きます。いやんなっちゃう。

ラクガキを1日に使ってしまったので追記はナシ('∀`)ハハハ
では!またね!
スポンサーサイト
  1. 2009/04/07(火) 15:56:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

(´Д`)ピンチをチャンスに変える時

(´Д`)「ピンチをチャンスに変える」という言葉があります。便利ですね。
明らかに不利な状況であることを自らばらしてしまっているにも関わらず
なぜか自信に満ちあふれているそのニュアンスが、
周囲の人間に「大丈夫だ!」って思わせる効果がないとかないとか。

なんか適当な感じの言葉だと思われるかもしれませんが、あなどってはいけません。
ナゼって人間はピンチをチャンスに変える喜びを本能的に知っているのですからね!!
例えばですねえ、健全な青少年であれば誰しもが授業中に妄想するであろう
「教室にテロリスト」系のアレです。
教室にあらわれたテロリストに立ち向かい倒す!んでモテモテ!!
警察から感謝状?いらねえよ、当然のことをしただけさ。みたいな(´゚Д゚`)

ね?人間は自らチャンスに変わるピンチを望んでいるのです!ね(強制)!!

(´Д`)また、この場合ある種ハプニング的なピンチを想像しがちですが、
それとは別に長期的なピンチも存在します。見た目や、性格などがそれに当たります。
そして、もちろんそれらのピンチもチャンスに変える事が出来ます。

例えば「不良」です。
世間一般から見れば完全にマイナスイメージ=ピンチであるこの男子学生でさえ、
ちょいとまじめで眼鏡な委員長の荷物運びを手伝ってあげただけで……(´゚Д゚`)ね(強制)!!

(´Д`)本題に入りましょう。今回は褒め言葉について考えていきたいと思います。
初めて会うひとと円滑なコミュニケーションを図るにはどうすればいいか。
言うまでもなく、それは相手を上手に褒めることから始まります。ね(強制)!!!!

相手の褒める場所が簡単に見つかればいいのですが、大抵はそう上手くもいかないでしょう。
明らかに本人がコンプレックスを抱いているであろう部分が目に付いてしまうこともあります。
かといってそれを避けると「必死に褒める場所を見つけた感」が出てしまうのは必至です。

さて、どうしたものか。簡単です。相手のピンチをチャンスに変えてあげればいいのです。
「今まで短所だと思っていたこれは実は長所だったんだ!」と思わせてあげる、
そんな言葉をさらりと言ってしまえるのが真の褒め上手だと言えるのではないでしょうか。

ある意味、自分を褒めてくれたという事は何よりの好印象なのです。はい、今思いつきました。


【“(´Д`)ピンチをチャンスに変える時”の続きを読む】
  1. 2009/04/01(水) 21:30:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。